留学サポート

Overseas study

Help with university and visa applications

Are you interested in studying at a university in the UK?

We can help you!

福岡市の英語センター (Eigocenter) は英国のカンタベリー・クライスト・チャーチ大学の公認留学エージェントです。 英語センターの海外研修には、2005年以降、延べ1,000名以上の大学生・高校生が参加しました。

これまでに多くの海外留学希望の学生を支援してきました。

1か月~1年間留学や大学院の修士プログラムなど。

新プログラム:

ギャップ・イヤー・プログラム 2018年

Gap Year Programme

ぜひ英語センターのコースに参加して下さい。海外の大学での学習準備に最適です。

これに加えて、大学の願書記入、ビザ取得手続き、その他の留学準備を支援いたします。

何かご相談のある方は、いつでもお気軽にご連絡ください。



以下は、私の著書「Twenty Ways to See the World」の一部抜粋です。

英語を話す国に勉強しに行かないで、英語が流暢に話せるようになることはとても難しいものです。もちろん、もしあなたが熱心な学生であれば、どこであろうとも英語の能力においてかなりの進歩をすることも可能ですし、また、ここ日本においては、英語を学ぶ数多くの機会をもっている点で確かにあなたは幸運ですが、海外で勉強するのと比べると、いくつかの不利な点をもっています。

まず第一に、日本では、あなたのクラスのほとんどまたはすべてのメンバーは日本人であることです。だから、授業中にいくらかの日本語が用いられるのも当然のことです。さらに、日本ではクラスから外に出るとすぐに、日本語の看板や通知などに取り囲まれた日本語の環境に戻ってしまいます。あなたは次の授業まで英語を使ったり、出くわしたりさえしないでしょう。(だからこそ宿題がとても大切なのですよ?)。これに対して、海外の学校では、多くの国籍をもつ学生たちからクラスが構成されていて、クラスの中でも外でもどちらでも、共通語として英語を使います。また、クラスを離れるとすぐに、生き抜くために英語を使わなければならないような外国の環境へと歩き出ていくことになります。そしてそれはもっと一生懸命に勉強しようとする大きな動機となります。実際、あなた方は遊んだり、買い物をしたり、旅行をして回ったりなどクラスの中にいるよりもクラスの外でより多く英語を使うでしょう。

自分の国で勉強するのと海外で勉強するのとのもう一つの違いは、あなたが受ける授業の回数に関係しています。一般に、日本で英語を学ぶ時には、一週間に数回の授業だけしかなく、これは学んだことをすぐ忘れてしまいやすいことを意味しています。対照的に、英語を話す国の学校では、普通、急速な進歩を確保するために、一週に20回またはそれ以上のレッスンの集中コースを提供しています。

このように、もしあなたが英語を学ぶことに真剣であれば、たとえそれが一ヵ月であっても、勉強するために海外へ行くことを本当に考えるべきです。もちろん、長く滞在すればするほど、あなたの英語能力はずっと良くなるでしょう。だから、もしあなたが一年間滞在する余裕があるなら、あなたが果たす進歩は、実に驚くほどのものになるでしょう。日本に帰って来てすぐに、TOEIC(または他の英語テスト)を受けたら、あなたはきっと高い得点を得るでしょうし、そのことが仕事を得るのにきっと役に立つでしょう。あなたの投資した時間、お金、努力は、そういう意味で大きな利益をもたらしてくれるでしょう。

言語的発達と同様に、海外での一定期間にわたる勉強から得られるものは他にもあります。ネイティブの英語話者と友達になるチャンスを得るだけでなく、あなたの親しい友達の輪は、他の国からやってきたクラスメートもまたあなたの新しい友達の輪に含むことになるでしょう。くわえて、海外に住むことは、あなたを成熟させ、そして独立心に富み、柔軟で、広い心をもつようにしてくれるでしょう。多くの人々が、その体験が彼女や彼らの人生を完全に変えてしまうことに気づくのです。

Please contact us for more information: eigocenter@gmail.com




logo